くらし情報『マイク・シノダが新作EPを発表』

2018年1月27日 14:00

マイク・シノダが新作EPを発表

マイク・シノダが新作EPを発表

マイク・シノダ

リンキン・パークのマイク・シノダが3曲入りEP『ポスト・トラウマティック』をリリースした。同バンドのフロントマン、チェスター・ベニントンが昨年7月に41歳の若さで自ら命を断ってから、マイクにとって初となる新作が25日(木)にリリースされた。
インスタグラムには「新曲3曲。全ての音楽とビジュアルは僕が担当。明日」「この6ヶ月はローラーコースターに乗っているようだった」「混乱の中、僕は強い感謝の念を持つようになった。君たちの追悼の、サポートのメッセージにね。君たちによって僕はこの仕事ができるんだし、単純に創作の機会を与えてくれるという意味でも感謝しているんだ」といった走り書きのノートが投稿されている。
そして、同EP中のR&B調の1曲『プレイス・トゥ・スタート』ではチェスターの死後マイクが受け取ったお悔やみのボイスメールを使用したそうで、歌詞では「エンディングなんか知りたくない。望むは始まりの場所」と歌われており、マイクは「この曲をできるだけ早くリリースしたかった」と話している。
また、マイクは以前、チェスターの死後リリースされたライブアルバム『ワン・モア・ライト・ライブ』についてこう語っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.