くらし情報『ジェニファー・ハドソン、新作伝記映画でアレサ・フランクリン役へ』

2018年1月30日 17:00

ジェニファー・ハドソン、新作伝記映画でアレサ・フランクリン役へ

ジェニファー・ハドソン、新作伝記映画でアレサ・フランクリン役へ

ジェニファー・ハドソン

ジェニファー・ハドソンが新作伝記映画でアレサ・フランクリンを演じるようだ。アレサ本人によって指名されたというジェニファーのキャスティングを音楽界の大御所クライヴ・デイヴィスがグラミー賞式典前のパーティーで発表したとデッドラインは報じている。
『ドリームガールズ』でアカデミー賞にも輝いたことがあるジェニファーはその場でアレサの代表曲『シンク』と『リストペクト』をスター勢揃いの観衆に披露したと言われている。
アレサの伝記映画については2011年からMGMによって製作が進められていた。
クイーン・オブ・ソウルの異名を持つアレサは1956年に発表したゴスペルアルバムでデビューして以来、60年間以上に渡って音楽界に君臨している。そのキャリアの中では『ナチュラル・ウーマン』『スパニッシュ・ハーレム』『小さな願い』など、数々のヒット曲を世に送り出してきた。
そんなアレサだが、昨年には音楽界から引退し、デトロイトにナイトクラブをオープンしたいという意向を明かしていた。その際、アレサは「もちろん、時には私が歌うこともあるけど、特別アーティストに来てもらって、デトロイトの人達に向けてパフォーマンスをしてもらおうと思っているの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.