くらし情報『エイサップ・ロッキー、新作映画『モンスター』の撮影中に鼻を骨折』

2018年1月30日 18:00

エイサップ・ロッキー、新作映画『モンスター』の撮影中に鼻を骨折

エイサップ・ロッキー、新作映画『モンスター』の撮影中に鼻を骨折

エイサップ・ロッキー

エイサップ・ロッキーが新作映画『モンスター』の撮影中に鼻を骨折したという。ウォルター・ディーン・マイヤーズによる同名著作の映画化でウィリアム・キング役を演じているエイサップだが、強盗および殺害の無実の罪で逮捕された10代の青年について描かれた同作の撮影中に、骨折というトラブルに見舞われていたようだ。
監督のアンソニー・マンドラーはコライダーとのインタビューでこう明かす。「ロッキーはキング役、ジョン・デイビッド・ワシントンがボボ役を演じていて、この2人は映画の中で敵同士なんだ。僕らは小規模な映画を作っているし、メソッド・アクティングの俳優たちだから、強盗もスタントも全て自分たちでこなしたんだけど、戦うシーンはかなり激しかったりもしてね。殺されるワイン店のオーナーを演じている男性はすごくガタイの良い人で120キロくらいあるアップタウンのスペイン人の巨漢って感じさ。そこにロッキーとジョン・デイビッドが現れて、銃が飛び交うような状態で思いっきり取っ組み合いの喧嘩を撮影したんだ。そうしたらその中の1人がロッキーの鼻を折ってしまったんだよ」
しかしエイサップは撮影を中断したがらなかったそうで、「あの現場の雰囲気はすごくて、俳優たちなんてカウンターを飛び越えるような勢いで、ロッキーも『俺は大丈夫だからもう1回やろう』って言ってたから、本当に感心してしまったよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.