くらし情報『ロジャー・ダルトリー、名作ロック・オペラ『トミー』のツアー敢行』

2018年2月1日 11:00

ロジャー・ダルトリー、名作ロック・オペラ『トミー』のツアー敢行

ロジャー・ダルトリー、名作ロック・オペラ『トミー』のツアー敢行

ロジャー・ダルトリー

ロジャー・ダルトリーがザ・フーのロック・オペラ『トミー』を今年の夏、オーケストラを交えフル演奏するという。同バンドのリードボーカルであるロジャーは今年6月8日にニューヨークから始まるソロライブ10本を予定しており、アメリカ各地でオーケストラと共にパフォーマンスし、7月8日のオハイオまでツアーを敢行するという。
ロック・オペラ『トミー』は1969年にリリースされ、『ピンボールの魔術師』『僕は自由だ』他数々の名曲を生み出したアルバムだ。その再現となる今回のツアーについて、ロジャーは「『トミー』を歌うのが楽しみでならないよ。バックには素晴らしいバンドだけでなく、国内有数のオーケストラも揃えているんだ」「(ギタリストの)ピート・タウンゼンドの音楽は特にオーケストラのサウンドを加えるとより輝く類のものなんだ。デヴィッド・キャンベルによる編曲も手伝って、芸術を愛する人だったら誰もが記憶に残るような夜を提供するつもりさ」と語っている。
一方のピートの方も、オーケストラを率いたショー『四重人格』を昨年9月に開催していた。ロイヤル・フィルハーモニック・オーケストラからのクラシック奏者、コーラス隊、そしてアルフィー・ボー、ビリー・アイドル、フィル・ダニエルズを加え、同バンドによるもう一つのロック・オペラの名作に新たな息吹を与えたピートは、BANGショービズとのインタビューで「僕はフーの作品を後世に残していきたかったんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.