くらし情報『プリンスの遺産管理団体が未発表音源リリースを差止め』

2018年2月1日 13:00

プリンスの遺産管理団体が未発表音源リリースを差止め

プリンスの遺産管理団体が未発表音源リリースを差止め

プリンス

プリンスの遺産管理団体が、プリンスの未発表音源リリース差し止めの裁判で勝訴した。事の発端は2006年から2008年の間プリンスと共に仕事をしていたというプロデューサー、ジョージ・ボクシル氏が未発表曲を所持していることを公言し、昨年短期間ながらも、その中の1曲をiTunesで販売したことに始まり、これに対し、同団体が昨年4月、音源の返還を求めボクシル氏を訴える運びとなっていた。
その中で、ボクシル氏はプリンスと、全てのレコーディングはプリンスの独占財産であるという秘密保持契約を結んでおり、いかなる方法でもそれらを私的に運用しないことに同意していたという。
また、TMZ.comが入手している裁判文書によるとボクシル氏は今回の訴えに一切行動を起こさず、期限である1月23日も過ぎているため、現在同団体は裁判所に音源リリース差止めを要請したのだという。
その一方で同団体顧問のトロイ・カーター氏は以前、「この前いくつかの音源を聴きましたが、とてつもないものでした。現在スタッフがミックス作業しているところです。プリンスの音楽が近々リリースとなるでしょう」とも語っていた。
また、昨年にはユニバーサル・ミュージック・グループが、プリンスの作品に対する3100万ドル(約35億円)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.