くらし情報『チャック・ベリーのドキュメンタリーが製作へ』

2018年2月1日 22:00

チャック・ベリーのドキュメンタリーが製作へ

チャック・ベリーのドキュメンタリーが製作へ

チャック・ベリー

故チャック・ベリーのドキュメンタリーが製作されることになった。昨年3月に90歳でこの世を去ったチャックだが、ロック界の先駆者として最も影響を及ぼしたギタリストと謳われるその生涯を、ジョン・ブルーワー監督がドキュメンタリー作品として映像化するという。
本作でプロデューサーも兼任するブルーワーは「伝説的存在であるチャック・ベリーの認可された公式のストーリーを製作と監督出来ることを光栄に思います」とコメントを発表した。
チャックは『ジョニー・B.グッド』『ロール・オーバー・ベートーヴェン』『メイベリーン』などのヒット曲のほか、ステージ上で見せるダックウォークやギターソロで音楽界のアイコン的存在となった。
カーディナル・リリーシング社は『チャック!ザ・ドキュメンタリー』と仮題が付けられているこの作品に向けてチャックの遺産管理団体及び妻テメッタと契約を交わしており、ドキュメンタリーの公開の後には伝記映画も製作される予定となっている。
デッドラインによれば、製作はすでに始まっており、ドキュメンタリーが完成した後の今夏にも伝記映画のプリプロダクションに入る見込みだという。
今回製作を担当するカーディナル・リリーシングはこれまで、B.B.キングやナット・キング・コール、ジミ・ヘンドリックス、ミック・ロンソンら数々のミュージシャンの伝記作を手がけてきている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.