くらし情報『ケイト・アプトン、ゲスの創業者からのセクハラ被害を告白』

2018年2月2日 19:00

ケイト・アプトン、ゲスの創業者からのセクハラ被害を告白

ケイト・アプトン、ゲスの創業者からのセクハラ被害を告白

ケイト・アプトン

ケイト・アプトン(25)がファッションブランド、GUESS(ゲス)のクリエイティブ・ディレクターを務めるポール・マルシアーノ(65)からセクハラを受けたことを告白した。ケイトは創業者の1人であるマルシアーノが女性に対して不適切な態度を取り続けているにも関わらず、ファッションの「アイコン的存在」であるはずの同ブランドがマルシアーノに権力を与え続けていることを非難した。
ケイトは今回のツイートの中で、「アイコン的な女性ブランドのゲスが、今でもポール・マルシアーノにクリエイティブ・ディレクターとして権力を与えているなんてすごくがっかりだわ」と綴り、セクハラ被害者を示す「#metoo」のハッシュタグを付けた。
そしてその後には、インスタグラムにもそのツイートを転載し、「性的にも感情的にも女性に嫌がらせをするために、この業界での権力を使用することは許されるべきでない#metoo」とキャプションを付けた。
ケイトの夫でプロ野球選手のジャスティン・バーランダーもこの投稿をリツイートしている。
マルシアーノからの被害について詳細は語っていないケイトだが、2011年にはシンディ・クロフォードクラウディア・シファーに続いて同ブランドのイメージキャラクターを務めていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.