くらし情報『ジェラルド・バトラー、事故で人生の見方が変化』

2018年2月5日 10:00

ジェラルド・バトラー、事故で人生の見方が変化

ジェラルド・バトラー、事故で人生の見方が変化

ジェラルド・バトラー

ジェラルド・バトラーはバイク事故をきっかけに、命についてより考えさせられたそうだ。ジェラルドは昨年10月、ロサンゼルス近郊でバイクに乗っていたところ、女性が運転する車に衝突され、宙へと投げ出される事故に遭っていた。幸いにも足の骨折に擦過傷、打ち身だけで済んだものの、その経験で人生の見方が変わったという。

ITVの『ロレイン』 でその事故についてジェラルドはこう語っている。「もうダメだと思ったね。すごいスピードで走っていたから、事故の瞬間に遠くに飛ばされるのは分かった。宙に投げ出され、長い時間のように感じたよ」「もし変な方向に落っこちていたら、自分は死ぬか麻痺になるなと思った。そういう時って人は、色々考えることの必要性を感じるものさ。朝起きるのにストレスを感じたくないし、これが続くなんて考えたくない。冒険をしたいよ、でもより安全な方法でね」

ジェラルドは以前、この事故によっていかに自分の命の尊さに感謝するようになったかについてこう明かしていた。「命がどれほど尊いものか本当に感謝させられたよ。命を落とす可能性のあった様々な方向に着地していた可能性があったからね。道路をバイクで走っていたら、その女性は道路の反対側に駐車していたところから違法なUターンをしようとして、目の前で右折したんだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.