くらし情報『ピンク、インフルエンザを押してスーパーボウルに出演』

2018年2月6日 21:00

ピンク、インフルエンザを押してスーパーボウルに出演

ピンク、インフルエンザを押してスーパーボウルに出演

ピンク

ピンクが4日(日)に行われたスーパーボウルで、インフルエンザを押して国歌斉唱をした。NFL決勝戦の開会式でその大役を務めたピンクは、歌の前にガムのようなものを吐き捨てたとしてSNS上で非難の声が挙がっていたが、それはガムではなく、インフルエンザによる喉の痛みのために舐めていたのど飴だったと本人が明かした。
ミネソタ州ミネアポリスにあるUSバンク・スタジアムで開かれた大イベントに体調不良のまま登場することになったピンクだが、全世界で生中継もされているその大舞台の前に風邪を引いたのは6歳と1歳1カ月の子供たちのせいだったとインスタグラムで説明していた。
イベント前、リハーサルの様子を映した写真にピンクは「インフルエンザを追いやろうと練習しているところ。私のアイドルだったホイットニー・ヒューストンが1991年にこの曲を見事に歌い上げて以来、この時を待ち望んでいた。そしてついにそのチャンスがやってきた。しかもそれは、私の小さな2人の子供がまさに私の口の中に咳き込んだり、鼻水を私の頬で拭いているような時にやって来てしまった。これが作り話じゃないと誓えるわ!」「そして私は今ここにいる。私のまた1つの夢に足を踏み入れたはずが、徐々に悪夢となる様相を見せている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.