くらし情報『ダンカン・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』の監督を依頼されていた!』

ダンカン・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』の監督を依頼されていた!

2018年2月11日 10:00
 

関連リンク

・二宮和也と加藤綾子『ブラックペアン』打ち上げでスタッフら厳戒態勢を敷く
・香里奈、大阪地震被災者に切なる思い 災害時のアドバイス伝える
・DA PUMP、話題の“ダサかっこいい”「U.S.A.」MVが1000万回再生突破
ダンカン・ジョーンズ、『スター・ウォーズ』の監督を依頼されていた!

ダンカン・ジョーンズ

ダンカン・ジョーンズが「スター・ウォーズ」シリーズの監督を依頼されていたようだ。デビュー作『月に囚われた男』で批評家から絶賛されたダンカンだが、2011年に2作目『ミッション:8ミニッツ』が公開されて初めて大手映画会社の目に留まるようになったという。
しかし大手からの誘いを断り続けているというジョーンズはトータル・フィルム誌にこう語っている。「『ミッション:8ミニッツ』の公開後、たくさんのオファーをもらったんだ。正直言って、マーベルやDCコミック、『スター・ウォーズ』などの話を次々と持ちかけられてるよ」「でもそういった映画を撮りたくはないんだ」
しかし、ジョーンズは例外にしている映画会社のプロジェクトがあるそうで、「ボディガードのように雇われた立場で他人のために作りたい映画のプロジェクトもあるよ。(雑誌の)2000 ADの作品が映画化されるようなことがあれば、是非やりたいね」「『2000 AD』の映画作品に僕のスタイルを取り込みたいけどね」「それ以外については、ある程度自分で仕事をコントロールしたいんだ」
次にスタートするジョーンズのプロジェクトは長年温めていた作品になるようで、実現するかどうかは予算を削減できるかによるようだ。「『ミッション:8ミニッツ』を製作したときにロサンゼルスの映画会社と一緒に仕事をしたんだけど、その会社が僕の新作にすごく興味を持ってくれたんだ」「だから、脚本を書きあげて持って行ったんだけど、予算を大幅にオーバーしてしまったのさ」「残念ながら、誰も知らない登場人物や、こんなことを言うのも残念なんだけど女性が主役の無名映画は、資金を調達する術がなかったわけさ」「しかし、もし予算が8000万ドル(約88億円)を越えないような映画の製作方法を見つけることができれば、製作するつもりだけどね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.