くらし情報『エミリー・ラタコウスキー、ファッションへの情熱の原点を語る』

エミリー・ラタコウスキー、ファッションへの情熱の原点を語る

2018年2月15日 15:00
 

関連リンク

・川口春奈「大谷翔平の試合を観戦」でアプローチ開始か
・コロッケ次女・滝川光「いつか父と一緒に舞台に…」 主演舞台で“ダメデブ女子”熱演
・羽生結弦選手、今年もツール・ド・東北フレンズ務める「被災地のみなさんが笑顔になるきっかけに」
エミリー・ラタコウスキー、ファッションへの情熱の原点を語る

エミリー・ラタコウスキー

エミリー・ラタコウスキー(26)は恩師のウェディングドレスをデザインしたことがあったそうだ。エミリーのファッションへの情熱は学生時代までさかのぼり、ファッション業界への関心により夢の結婚式のためのドレスのスケッチをたくさん描いていたのだという。「3年生の時にファッションへの情熱に気づいたの。先生のためにウェディングドレスのスケッチを描いたわ」
エミリーは最近、フランスのブランドのザ・クープルズと協力して自らのバッグをデザインしているが、どこへ出かけでもそのバッグを喜んで持ち歩いているそうだ。
エミリーはW誌に「ザ・クープルズのおかげで、夢中になっていつも持ち歩きたくなるようなバッグができたわ」と話した。
一方で、エミリーは先日、議論を醸すことの重要さについて説いており、黙っているくらいならば自分の意見で批判されるほうがマシだと語っていた。「憎悪する人もなく、物議を醸すこともないのなら、何も強い意志を持っていないということな気がするの」「だから、私はみんなに好かれるよりも、怒らせるようなタイプでいたいわ。私は自分が言ったことの多くについて自分が正しいと強く感じているから、いつか世の中も分かってくれると思う。批判されたり、有名人であることにより世の中から罵倒されるようなフラストレーションがあったとしても、それだけの価値があると思うの」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.