くらし情報『メタリカ、2018ポーラー音楽賞を受賞』

メタリカ、2018ポーラー音楽賞を受賞

2018年2月15日 21:00
 

関連リンク

・今旬のバッグ「MARTAU.」受注会
・『beautiful people』のロゴバッグとTシャツで、スタイルに遊び心をプラス
・暇な時間が怖くて、予定を詰め込んでしまいます【心屋仁之助 塾】
メタリカ、2018ポーラー音楽賞を受賞

メタリカ

メタリカが2018年度のポーラー音楽賞を受賞することが決まった。音楽界の「ノーベル賞」とも称される誉れ高き賞が同バンドとアフガニスタン国立音楽学校(ANIM)とその創立者で音楽学者のアフマド・サルマストに授与される。式典は6月14日、スウェーデン、ストックホルムで開催予定だ。同賞には毎年2組が選出され、現代の音楽とクラシックから多大な貢献をしたそれぞれ1組に、賞金約1300万円と共に贈られる。
今回の栄誉について同バンドのメンバーそれぞれがコメントを発表しており、ドラマーのラーズ・ウルリッヒは「ポーラー音楽賞の受賞は素晴らしいことだよ。突出した人々の仲間入りを果たすことになるんだしね。過去35年に渡ってメタリカがやってきたあらゆる事が素晴らしいかたちで認められたってことさ。同時にこれからのバンドとしての幸先もいい気がするんだ。本当にありがとう」と、そしてつい先日連続殺人犯テッド・バンディの伝記映画で俳優デビューを飾ることが決まった同バンドのフロントマン、ジェイムズ・へットフィールドは「同じくポーラー音楽賞を授与される人々と共にとても名誉なことだと感じている。俺自身のそしてメタリカの、遺産、歴史の一部にこの賞が加わることに感謝。ありがとう」と喜びを語った。
一方、ギタリストのカーク・ハメットは「他に選出されているアーティスト、ミュージシャンには僕が尊敬してる素晴らしい人がいてそこに俺らが仲間入りできることは大変意義があるよ。そして俺らの仕事が認められたことにも。この受賞がどれだけ重要で、とてつもない名誉かわかってるさ」と、そして同バンドに加入して間もないベーシストのロバート・トゥルージロは「ポーラー音楽賞受賞は本当に名誉なことさ。過去には俺が賞賛するジョニ・ミッチェル、キース・ジャレット、ウェイン・ショーターも受賞しているしね。こんなかたちで認められ高く評価されるなんて信じられないよ。誉れ高きことだ。この受賞が若い世代のミュージシャンたちを鼓舞することを願うよ」と語った。
同賞のディレクター、マリー・レディン氏は今回の賞について「今回の2組の受賞者、ジャンルはかけ離れていますが、これがポーラー音楽賞の役割を如実に示しています。人々の生活に違いを生んだミュージシャンや音楽団体を称えるという役割です。メタリカは世界中のハードロックファンから愛され敬われています。他バンドらを牽引し、昨年のワールドツアーは記録破りのものでした。アフマド・サルマスト氏は子供たちの生活に音楽の喜びと力を蘇らせたアフガニスタン国立音楽学校の創立者です。ANIMが若者や困難を抱える子供たちと取り組んでいることは真に感動的です」と説明している。
受賞者は、一般推薦、国際音楽評議会(IMC)そして地理的、音楽的多様性を唱えるユネスコからのノミネートを受け、同賞委員会に属する12人のメンバーによって選出される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.