くらし情報『マイケル・B・ジョーダン、ケンドリック・ラマーこそ大衆の代弁者』

マイケル・B・ジョーダン、ケンドリック・ラマーこそ大衆の代弁者

2018年2月20日 12:00
 

マイケル・B・ジョーダン、ケンドリック・ラマーこそ大衆の代弁者

マイケル・B・ジョーダン

マイケル・B・ジョーダン(31)がケンドリック・ラマー(30)は人々の声を代弁する人間だと評している。マーベル最新作『ブラック・パンサー』にてエリック・キルモンガーを演じたマイケルだが、サウンドトラックにケンドリック他トップ・ドッグ・エンタテイメント(TDE)所属のアーティストらが参加したことで同作は更に作品として強さを増したと明かしている。
「(『ブラック・パンサー』は)凄いと思う」「本当に良いよ。TDEとケンドリックが参加し、アルバムを監修したっていう事実がさ。とんでもなくラッキーだったよね。彼は今や人々の代弁者だし」「彼のメッセージや伝えるもの、ケンドリックとは何者かといったことは、すなわちブラックパンサーとは何かっていうことの本質だから。彼がサウンドトラックに参加したことは本当に、本当に僕らにとって重要なことなんだ」
同サウンドトラックは既に音楽及び映画ファンの間で話題沸騰で、マイケルはビルボードに「ケンドリックは真のアーティストでコラボレーターでもあるんだ」「実際映画を見てインスパイアされたのさ。曲の大半はこの映画から影響されてるんだ。大規模なコラボだろ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.