くらし情報『セリーヌ・ディオン、亡くした夫は自分が唯一愛した男』

セリーヌ・ディオン、亡くした夫は自分が唯一愛した男

2018年2月20日 13:00
 

セリーヌ・ディオン、亡くした夫は自分が唯一愛した男

セリーヌ・ディオン

セリーヌ・ディオン(49)にとって亡くした夫レネ・アンジェリルは自分が愛した唯一の男だったという。1994年からレネが2016年の1月に咽頭がんで亡くなるまでの間、結婚生活を送っていたセリーヌだが、テレビ番組『ザ・プロジェクト』にて、後にも先にもあれだけ親密なつながりを築きあげた人はいないとして「私の全てを気遣ってくれた。私が出会った唯一の男。私が愛した唯一の男。私がキスした唯一の男」とレネを描写している。
そしてレネの闘病生活についても話し、死ぬ前には食事もままならない状況だったようで「3年間水も食べ物も直接取る事ができず、チューブを介してだったの」と明かした。
そしてがんとの闘いで肉体的な苦痛を伴ったレネを見ていて本当につらかったという。「彼が3年間苦しみに耐えていた時に私が望んだ唯一のこと、それは安らかに生きて欲しいということだった。気持ちが軽くなって心配も無くなるようなね」「小さな心臓発作を起こしたの。あまりに急で、彼は何も感じなかったみたい。私、彼が痛みから開放されたんだって思ったわ」
レネとの間に17歳の息子と2卵性の双子がいるセリーヌだが、今月初めにもレネは依然自分の人生の一部であるとして、楽屋にいつもレネのブロンズでできた手形を飾っていることを告白していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.