くらし情報『ベニチオ・デル・トロ、新作映画でエグゼクティブプロデューサーへ』

2018年2月21日 22:00

ベニチオ・デル・トロ、新作映画でエグゼクティブプロデューサーへ

ベニチオ・デル・トロ、新作映画でエグゼクティブプロデューサーへ

ベニチオ・デル・トロ

ベニチオ・デル・トロ(51)が『ザ・ライズ・アンド・フォール・オブ・ザ・ブラウン・バッファロー』に加わった。同作は、1971年に出版されたハンター・S・トンプソンの小説『ラスベガスをやっつけろ』の登場人物ドクター・ゴンゾのモデルになった弁護士で活動家のオスカー・ゼータ・アコスタの物語になるようで、ベニチオはエグゼクティブプロデューサーを務めることになった。
同作の監督を務めるフィリップ・ロドリゲスはヴァラエティ誌にこう語っている。「このプロジェクトにエグゼクティブプロデューサーとしてベニチオが加わることになって大変喜ばしいです」「ベニチオのようにアコスタの人間性や複雑さについて話せる人はそうそういません。本当に適役ですね」
1998年にジョニー・デップと共演した『ラスベガスをやっつけろ』でドクター・ゴンゾ役を演じた経験があり、すでにアスコタについては熟知しているベニチオは『ラスベガスをやっつけろ』に出演する前に、9週間で45ポンド(約20キロ)増量し、アコスタの人生について熱心に調べたと言われている。
『ザ・ライズ・アンド・フォール・オブ・ザ・ブラウン・バッファロー』などの小説を執筆したアコスタは1974年にメキシコで失踪して以来、発見されていない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.