くらし情報『ジャスティン・ビーバー、実の父の介添人を務め上げる』

2018年2月22日 08:00

ジャスティン・ビーバー、実の父の介添人を務め上げる

ジャスティン・ビーバー、実の父の介添人を務め上げる

ジャスティン・ビーバー、セレーナ・ゴメス

ジャスティン・ビーバーが、ジャマイカにて父ジェレミー・ビーバーさんの介添人の役割を無事果たした。19日(月)に行われた結婚式だが翌日には何枚かの式の写真がSNS上に登場していた。ある写真では手を宙にかざしながら、間に合わせのビーチの通路を走ったり、(この写真見つかってないです)別の写真では父と新婦のチェルシー・レベロさんの誓いの場面で微笑むジャスティンの姿が見受けられた。
新婦のレベロさん本人も式の写真をシェアし「昨日は今までで最も素晴らしい1日だった。親友と結婚したの!あなたを愛している!」と綴っている。
一方の新郎ジェレミーさんは一言「家族」と記し、式の写真をシェアしている。
また、写真には写っていないものの、この式にジャスティンは恋人のセレーナ・ゴメスと出席したと噂されている。セレーナの姿は式そのものの写真には写っていないものの、参加者の1人のインスタグラムからは式前にレベロさんの双子の姪らと共に写るセレーナの姿が窺える。
ピープル誌によると、今回まずジャスティンは18日(日)にテキサスに飛んでセレーナと落ち合い、一緒にジャマイカへと向かったという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.