くらし情報『マーベルのスタン・リー、肺炎の闘病生活を明かす』

2018年3月2日 08:00

マーベルのスタン・リー、肺炎の闘病生活を明かす

マーベルのスタン・リー、肺炎の闘病生活を明かす

スタン・リー

マーベルの巨匠スタン・リー(95)が肺炎にかかっているものの、快方に向かっていると明かした。マーベル・コミックの創設者であるリーは、息切れや不整脈により、1月末に病院に救急搬送されており、しばらくの間肺炎の闘病生活を送っていたという。
ファンに向けたビデオメッセージの中でリーは「やあ、スタン・リーだよ。久しぶりだね。ちょっと肺炎と戦っていたけど、快方に向かっているみたいだよ」と語った。
リーは日ごろから応援してくれるファンに感謝し、すぐに病気に打ち勝って交流したいとしてこう話している。「でも、皆のこと、もちろん、ファンのことをいつも考えてるし、元気であることを願ってる。皆のことやいつももらっていたメッセージや写真など色々な事が恋しいね。私が皆のことをまだ大好きだと憶えていて欲しいんだ」「マーベルやスパイダーマン、そして私には世界最高のファンがいると思っているし、感謝しているよ。だから、皆の近況とか教えて欲しいし、皆が順調にやっていることを願ってる。次に話すときは、もっと良くなっていたいし、肺炎を克服してインターネットで面白い話がしたいね。その時まで、エクセシオール!」
リーは念のため1月31日に病院で1晩を過ごしたが、その後すぐに自宅で休養中であると明かされていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.