くらし情報『ケイト・アプトン、 ゲスのセクハラ内部調査に協力しない意向を表明』

2018年3月2日 13:00

ケイト・アプトン、 ゲスのセクハラ内部調査に協力しない意向を表明

ケイト・アプトン、 ゲスのセクハラ内部調査に協力しない意向を表明

ケイト・アプトン

ケイト・アプトン(25)が、ゲスの創業者ポール・マルシアーノによるセクハラ疑惑に対する内部調査に参加しない意向を表した。ケイトが2010年7月に同ブランドのランジェリーキャンペーンの撮影初日後、マルシアーノからセクハラを受けたことを最近告発したことを受け、同ブランドはその事実確認として内部調査を行う予定だと発表していた。
しかし、当のケイトはその調査に参加することを拒否しているようで、本人のツイッターにはこう綴られている。「ゲスが、内部調査を進めるためにポール・マルシアーノの顧問弁護士を雇ったっていうじゃない。こういった権力の乱用と性的不品行に対してのゲスの対応には本当にがっかりだわ」「私が自分の経験を明かしたのは、この業界の上層部、そしてその出世街道について、長期的視野で変化を起こしたい気持ちからだった。そして、他の人たちにも、こういった行動の被害者、目撃者を問わず、個人的な経験をシェアしてもらい、変化のために立ち上がる勇気を促したかったの」と綴られている。
そして、その調査方法について疑問を呈したケイトは「今回の『調査』の進め方を聞き、ゲスの社内には報復についての強い恐怖が未だにあることを知って本当に失望したし、動揺もしている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.