くらし情報『ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』第6弾が現在も製作中であることを発表』

2018年3月3日 16:00

ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』第6弾が現在も製作中であることを発表

ブルース・ウィリス、『ダイ・ハード』第6弾が現在も製作中であることを発表

ブルース・ウィリス

ブルース・ウィリス(62)が『ダイ・ハード6』が現在も製作中であることを認めた。ロデリック・ソープの小説『ナッシング・ラスツ・フォーエバー』を原作に1988年からスタートした同シリーズで主役の警察官ジョン・マクレーンを演じているブルースは、2013年公開作『ダイ・ハード/ラスト・デイ』でその姿を見せたのが最後となっている。
2年前にはそのシリーズの前日章と続編が入り混じった新作が製作されることが発表されており、デッドラインはブルースが続投すると報じていたものの、その後動きが見られない状態になっていた。
しかし、先月28日にブルースが『ザ・トゥナイト・ショー』に出演した際、製作は依然進行していることを明らかにした。新作が実現するのかと尋ねられた際ブルースは「脚本を読むためにカリフォルニアに向かうところなんだ」「だから実現すると思うよ」と答えた。
『ダイ・ハード:イヤー・ワン』と仮題がつけられている新作では、1980年代初頭を舞台としたマクレーンのルーキー時代と現在が半分半分で描かれると言われている。
マクレーンの若かりし頃を演じる俳優のキャスティングも進んでおり、監督のレン・ワイズマンは昨年、「この役を的確にキャスティングすることが命運を左右する」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.