くらし情報『マーゴット・ロビー、シャネルのアンバサダーに』

マーゴット・ロビー、シャネルのアンバサダーに

2018年3月7日 08:00
 

関連リンク

・捨てないで! 落花でドライフラワーを超簡単に作る方法
・大量のストックも安心!ビールやワインなどのお酒類の収納8選☆
・“鼓膜彼氏”ソン・シギョン 日本語のお手本は『孤独のグルメ』!?
マーゴット・ロビー、シャネルのアンバサダーに

マーゴット・ロビー

マーゴット・ロビー(27)が新しくシャネルのアンバサダーに選出された。ブレイク・ライブリーキーラ・ナイトレイらに続いて、マーゴットが同ブランドのイメージキャラクターになったことがアカデミー賞前夜に発表された。
今回の役割についての興奮をマーゴット本人はプレスリリース時に「こんな時代を超越したアイコンブランドの代表になれるなんて夢のよう。シャネルの女性の歴史はとても素晴らしいし、このブランドには未だ女性のスタイルを規定するようなパワーがある。その一員に加わって女性とファッションを祝福できるなんて最高よ」と語っている。
そしてこの発言後、4日(日)に開催されたアカデミー賞にてマーゴットはカール・ラガーフェルドのデザインによる同ブランドのドレスを身に着けてレッドカーペットに登場していた。式典中そのドレスの、装飾が施されたストラップが外れてしまうというトラブルに見舞われたものの、マーゴット自身がアシスタントから借りた裁縫道具でドレスを自ら縫い合わせたようで、その後ピープル誌に「ちゃんと直してもらう時間なんてなかったもの!」と明かしていた。
また、今回のマーゴットのドレスは14人がかりで計600時間以上を要して制作されたようで、クリスタルでできたチューブに2つの椿の花をあしらった刺繍がされた例のストラップに550時間、ドレス自体に更に130時間がかかったという。
同式典にてマーゴットは『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』のトーニャ・ハーディング役で主演女優賞にノミネートされていたが、惜しくも『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドに譲る結果となった。同映画ではトーニャの母を演じたアリソン・ジャニーが助演女優賞に輝いている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.