くらし情報『ゲイリー・オールドマン、コメディな役を希望?』

ゲイリー・オールドマン、コメディな役を希望?

2018年3月7日 20:00
 

関連リンク

・EXILE THE SECOND、ファイナル公演初日に“ライブ×柔道” 新たな試みに会場沸く
・熱烈ファン多数!天才監督ウェス・アンダーソンの作品世界に惹かれる理由
・【3coins】【ニトリ】安くて良いものがあるから好き♡可愛いインテリアグッズをご紹介
ゲイリー・オールドマン、コメディな役を希望?

ゲイリー・オールドマン

ゲイリー・オールドマンがシリアスなドラマから離れ、コメディな役を演じたいと明かした。4日(日)に開催された第90回アカデミー賞授賞式で『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』のウィンストン・チャーチル役での演技を評価され、主演男優賞を受賞したゲイリーだが、もっとコメディな役を演じたいと話しているようだ。
ゲイリーはザ・サン紙にこう語っている。「コメディ作品に出演したいんだけど、ハリウッドでは誰もそう見てくれる人がいないんだ」「この業界では『おお、出来るんだ』って言ってもらえる前に、自分でやって見せる必要があるんだよ」「1回劇場未公開のコメディ映画に出演した時、『今こそその時だ』って思ったんだけどね」
ゲイリーは2003年にDVDスルーとなった映画『タイニー・ラブ』にも出演しているが、1992年の映画『ドラキュラ』で演じたドラキュラ伯爵役でもコメディな側面を見られるはずだとゲイリーは言う。「俺がコメディをできるかどうか本当に知りたかったら、『ドラキュラ』を見るべきだね」「あの映画は駄作だったけど、人に見せなければ話は進まないし、向こうも見る必要がある。踊りや歌を見せてみたら、『ビックリだな。彼が踊りや歌も出来るなんて知らなかった』って言われるものだろ」「もし面白かったら、『面白い奴だとは思わなかった』って言われるだろうから」「舞台に出始めた頃は、ミュージカルやコメディ、ドラマに出演していたよ。そういった全てが出来るということがある種、認められていたんだ」「でも、映画だと型にハメられるんだよ。多分、今に変わるだろうね。常に映画業界のお情けを貰っているんだよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.