くらし情報『ゲイリー・オールドマンの息子、父を擁護』

ゲイリー・オールドマンの息子、父を擁護

2018年3月8日 13:00
 

ゲイリー・オールドマンの息子、父を擁護

ゲイリー・オールドマン一家

ゲイリー・オールドマン(59)の息子が元妻の家庭内暴力の訴えを否定した。『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』で先日アカデミー賞を受賞したばかりのゲイリーだが、元妻ドーニャ・フィオレンティーノから結婚生活が精神的にも肉体的にも悪夢であったとし、権力と名声を使って2人の息子ガリバー(20)とチャーリー(18)の親権を獲得したと非難されていた。
しかし、4日(日)に主演男優賞を受賞してからすぐにゲイリーを虐待者というレッテルを貼ろうとしてドーニャがゲイリーを訴えると、息子のガリバーは母の主張が「虚偽」であるとして、すぐに公開書簡で父ゲイリーの擁護に出た。
ガリバーは声明の中でこう説明している。「父に関する書かれているような虚偽の数々を見る度に、心が痛みます。特に何年も前に解決したことなどです」「子供の親権というものは妻に暴力を振るう人には与えらませんし、ほとんどの場合、男性に与えられることはごく稀です。私が父とずっと一緒に生きてきたということが、それ自体で十分な証明なはずです」
インタビューの中で、ドーニャは2001年に息子たちの前で、電話で叩かれたこともあると主張していたが、ガリバーはそのような事実はなかったとして、「疑いに対して声明文で反論するというものがどのように捉えられるかは分かっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.