くらし情報『テリー・クルーズの性的暴行の訴えが棄却』

テリー・クルーズの性的暴行の訴えが棄却

2018年3月9日 08:00
 

テリー・クルーズの性的暴行の訴えが棄却

テリー・クルーズ

テリー・クルーズによるアダム・ベニットに対する性的暴行の訴えが、時効を理由に棄却された。『エクスペンダブルズ』で有名なテリーは昨年11月、2016年にハリウッドでのパーティーの場でベニットから股間を掴まれたとしてロサンゼルス市警に被害届を出していたが、ロサンゼルス地区検察局は時効を理由に訴えを棄却した。
テリーは2016年2月に事件が起きたとしているが、この手の犯罪の時効は1年のため、昨年2月に時効を迎えたことになる。
昨年末、テリーはテレビ番組『グッド・モーニング・アメリカ』のマイケル・ストレイハンとのインタビュー中に、当時の詳細について明かしていた。「妻と俺はアダム・サンドラーと一緒にあるイベントに出席していたんだ。奴はアダムやシルベスター・スタローン、エディ・マーフィーのエージェントで、俺が仕事で知っている人皆と繋がっていた。でも俺はこの男のことを知らなかった。話したこともなかったからな。初めて絡んだのは、このイベントの時なんだ」
役者になる前はNFL選手として活躍していたテリーだが、ベニットから股間を触られた際にはとても驚き、すぐに殴りかかりたいような衝動に駆られたが、何とか怒りを抑え、妻レベッカ・キングと共にパーティー会場を後にしたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.