くらし情報『ライアン・アダムス、ニューアルバムリリースを示唆』

ライアン・アダムス、ニューアルバムリリースを示唆

2018年3月10日 10:00
 

関連リンク

・ハリソン・フォード、“若きハン・ソロ”電撃訪問の画像を入手
・“そだねージャパン”ロコ・ソラーレ、アメブロ開始に「待ってました!」の声
・ELLEGARDEN細美武士、生放送で10年ぶりの復活に言及 YUKIからの熱いメッセージも
ライアン・アダムス、ニューアルバムリリースを示唆

ライアン・アダムス

ライアン・アダムスがニューアルバム用に11曲を既に撮り終えたようだ。昨年16枚目のアルバム『プリズナー』をリリースしたばかりのライアンだが、現在インスピレーションがとめどなく流れている状態のようで、ファンに対し早くも新作が発表される可能性をツイートしている。
「11曲ボーカル撮りも含め終了。アルバムとは時々おかしなもので、まるで誕生するのが待ちきれないと僕らを起こしにかかる生き物のようだよ」というそのつぶやきと共にライアンは音源の一部が流れるミックス作業中の動画も披露した。
このように最近自身の所有するスタジオPax-Amでの制作過程をSNS上で報告しているライアンは先月にもミキシングデスクの動画と共に、ギタリストのトッド・ワイゼンベイカー、ドラマーのアーロン・フィカ、ベーシスト兼エンジニアのチャーリー・スタビッシュ、キーボーディストのT’ベン・"マホーニー"・オールマンと共にスタジオ入りしているとして、「最高の締めのヴァイブだ。新曲に集中。これはただテープを再生しているだけ。ミックスなしでさ!チャーリーはクレイジーな音を生み出して、トッドが燃えさかるようなワイルドなギターを奏でる。アーロンがドラムでやらかして、今マホーニーの音が加わるのが待ちきれないところ。今年は本当に最高だ!!!!」と綴っていた。
先月のバレンタインデーには新曲『ベイビー・アイ・ラブ・ユー』をリリースと創作意欲旺盛なライアンだが、昨年にはテイラー・スウィフトとデュエット曲をレコーディングしているとも発表していた。ライアンは以前テイラーのアルバム『1989』の全曲カバーをしたこともあり、テイラーの作曲の過程に魅了され、また自身とマンディ・ムーアの離婚の際には詞の世界にも共感したとし、そのレコーディングについてヴァニティフェア誌に「テイラーは友達だよ。誰も聴いたことないような曲を二人でレコーディングしたんだ。テイラーがアコースティックでどこまでいけるか見たくてね」「アコースティックに戻りたいと思っていたんだ。5、6日かかったけど本当に楽しかったよ」「あと僕自身の状況とテイラーの詞がかなり似ていて、ちょっとしたカタルシスを経験したよ」と述べていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.