くらし情報『トム・ハーディ、新作映画『フォンゾ』でアル・カポネ役に』

トム・ハーディ、新作映画『フォンゾ』でアル・カポネ役に

2018年3月10日 19:00
 

関連リンク

・ディーン・フジオカ、「カッチカチ」の肉体にブルゾンちえみ興奮
・乃木坂46白石麻衣、結婚観を明かす「with」初登場で表紙抜てき
・新星モグラ女子・内山愛、胸元がSEXY 磨き上げられた美ボディ披露
トム・ハーディ、新作映画『フォンゾ』でアル・カポネ役に

トム・ハーディ (c) instagram

トム・ハーディが『フォンゾ』で悪名高きギャングの帝王、アル・カポネを演じる予定だ。以前からトムは同新作でカポネを演じるという噂があったものの、遂に本人がインスタグラムにて「アル・カポネの時間だ」とコメントしその噂を認めることとなった。
カポネは、アメリカで禁酒法が施行されていた1920年代に密造酒を販売していたマフィア組織シカゴ・アウトフィットのボスとして名を馳せた。中でもノースサイド・ギャングとの抗争の結果、白昼堂々敵対するギャングの構成員7人が殺害された聖バレンタインデーの虐殺が特に知られている。
しかし今回の新作映画ではギャングの抗争よりも、10年近い獄中生活を送っている中で過去の犯罪に苛まれ呆けてしまった晩年のカポネに焦点が当てられるという。当時のカポネの担当医とボルチモアの精神科医の検査報告によると、その時点でのカポネの精神は12歳の子供に相当するものだったようだ。1932年公開の映画『暗黒街の顔役』のモデルにもなったカポネだが、フロリダに移住後は、脳卒中にかかり肺炎の治療にあたっていた。その後カポネは心拍停止によって、1947年に48歳で他界している。
同新作は2015年公開の『ファンタスティック・フォー』で知られるジョシュ・トランクが監督兼脚本を担当、プロデューサーをローレンス・ベンダーとアディクティブ・ピクチャーズのラッセル・アッカーマン、ジョシュ・ショウエンフェルデールが務める予定だ。
『レジェンド 狂気の美学』ではイギリスのギャング、レジー・クレイを演じた経験もあるトムだが、マーベル・コミックスの「スパイダー・マン」シリーズに出てくるヴェノムことエディ・ブロック役で主演をはる新作『ヴェノム』が今年は公開予定となっており、最近インスタグラムに撮影中の写真も投稿していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.