くらし情報『アレサ・フランクリン、 医師の指示によりコンサートをキャンセル』

2018年3月20日 14:00

アレサ・フランクリン、 医師の指示によりコンサートをキャンセル

アレサ・フランクリン、 医師の指示によりコンサートをキャンセル

アレサ・フランクリン

アレサ・フランクリン(75)が医師の指示により2本のコンサートのキャンセルを余儀なくされている。16日(金)アレサは、今月25日と28日にそれぞれ開催予定だったニュージャージー州ニューアークでのライブとニューオーリンズでのフェスティバル参加をキャンセルすることを発表した。
アレサの事務所側は声明を通して、「アレサ・フランクリンは医師から、ツアーを離れ少なくともこれから2ヶ月間休養を取ることを命じられています。今年ニューオーリンズ・ジャズ・アンド・ヘリテージ・フェスティバルに参加できないことを彼女自身とても残念に思っています」と発表している。
また、25日のライブはアレサの76歳になる誕生日に当たっていて、28日のフェスティバルでの代役にはイベントオーガナイザーらがロッド・スチュワートを立てたとビルボードが報じている。
昨年の8月にもマサチューセッツ州オーク・ブラッフスにあるタバナクルにて開催予定だった「マーサズ・ヴィンヤード・コンサート・シリーズ」を健康が優れないという理由から中止したアレサだが、
昨年はスティーヴィー・ワンダーとのコラボアルバムを最後に、年内に引退することも発表していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.