くらし情報『『ザ・クラウン』のプロデューサー陣、男女の賃金差を出演者に謝罪』

2018年3月22日 11:00

『ザ・クラウン』のプロデューサー陣、男女の賃金差を出演者に謝罪

『ザ・クラウン』のプロデューサー陣、男女の賃金差を出演者に謝罪

クレア・フォイ

ネットフリックスの『ザ・クラウン』のプロデューサー陣が、クレア・フォイの給料が共演者のマット・スミスより少なかったことを謝罪した。同作を制作するレフト・バンク・ピクチャーズは、エリザベス2世を演じたクレアが共演のマットよりも出演シーンが多かったにも関わらず、出演料が少なかった事実が先日明らかになったことを受け、謝罪コメントを発表した。
「自分たちの責任でないにも関わらず、今週メディアの渦中に置かれてしまったことについて、素晴らしい役者であると共に友人であるクレア・フォイとマット・スミスに謝罪させて頂きたいと思います。クレアとマットは『ザ・クラウン』のほかの出演者と共に、慈しみの心や品位を持ってキャラクター達に描写することに精一杯尽力して下さった素晴らしい才能に恵まれた役者です」「『ザ・クラウン』のプロデューサーとして、我々レフト・バンク・ピクチャーズが制作予算や出演料に関する権限を持っています。役者の皆さんは他の出演者の報酬を知りませんし、同僚の報酬に関して役者が個人的に責任を問われるべきではありません」
さらに、同社は現在ハリウッドで巻き起こっている議論に関して理解や感謝していると続けた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.