くらし情報『チャンス・ザ・ラッパー、ハイネケンのCMに物申す』

チャンス・ザ・ラッパー、ハイネケンのCMに物申す

2018年3月28日 08:00
 

関連リンク

・ともに「自分の音楽のための脱退」渋谷すばると赤西仁の違い
・結婚発表直後の須藤凜々花を直撃!「浮気をしたら、ぶっ飛ばす」
・稲垣・草なぎ・香取、映画『クソ野郎』シリーズ第2弾製作決定

チャンス・ザ・ラッパー

チャンス・ザ・ラッパー(24)がハイネケンのCMを「ひどく人種差別的」と糾弾している。チャンスはオランダのビール最大手に対して、人々の注目を集めるために差別的広告を故意に制作していると非難のツイートを投稿した。
「いくつかの会社はわざと差別的な広告を作って大衆の関心を集めようとする、ふざけた人種差別主義者のニセモノだ。だからこんなものについてコメントすべきじゃないとも思う。けど言わせて貰うよ。『時にはライトな方がいい』っていうハイネケンのコマーシャルはひどく人種差別的だ」
続いてそのCMのリンクを張ったチャンスは「俺は商品をボイコットしろとか、つぶれてしまえって言っているわけじゃない。こういったことが頻発していることを伝えたいんだ。彼らは消費者やツイッターユーザー、フリーランサーらを餌食にしている。こんなことツイートしたくないけど、抑えるのは無理だ」
そんなチャンスは以前、コラボ経験もあるカニエ・ウェストと自分をなぞらえてこう語っていた。「カニエの近くにいて気づいたのは本人はプライベートの方がいかれた発言をするってことだ。公でもとんでもない爆弾発言をするのに信じられないだろ」「彼はちゃんとフィルターを通してしゃべっている。嘘をついたり、包み隠してしゃべるような奴らとは違うけどさ。けど(プライベートでは)俺が『ちょっとそれには同意できない』って程のことをかましてくるんだ」「俺はいつだって皆が楽しくなるような人間になりたかったんだけどさ。人を笑わせるようなね。性格についてであって自分の音楽とは関係ないけど。色んな意味で俺もカニエみたいに混乱を生み出す人間なんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.