くらし情報『『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』、ロン・ハワードの単独監督作品に』

『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』、ロン・ハワードの単独監督作品に

2018年3月28日 22:00
 

関連リンク

・阿佐ヶ谷姉妹の渡辺江里子 “上品の塊”博多大吉と2ショットで「幸せ者です」
・パトリック×カーリー、オリジナルファブリックを採用したグレー&ブラックのスニーカーなど
・SLY「コカ・コーラ&ファンタ」とコラボ、レトロロゴやボトルデザイン入り

ロン・ハワード

ロン・ハワードが、監督として『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に単独でクレジット表記されるようだ。ハワードは、同作の製作開始後に製作方針の違いを理由にルーカスフィルムがフィル・ロード&クリス・ミラーのコンビを降板させたことを受け、監督を引き継いでいた。
そして、今回フィルとクリスが今月22日(木)から25日(日)にかけて米カリフォルニア州で開催された第3回GLASアニメーション・フェスティバルにて、自分たちの名前が監督として後任のハワードと併記されることはないことを明かした。「この映画に色々と貢献したことを本当に誇りに思っていたよ。製作方針の違いを考えて、エグゼクティブ・プロデューサーとしてクレジット表記してもらうことになったんだ」
また、ルーカスフィルムは同スピンオフと同様に、今後ヨーダやボバ・フェットといったキャラクターをメインに置いた映画を製作することを検討していると言われている。
そんなキャラクター毎のスピンオフが囁かれる中、最近ユアン・マクレガーはオリジナル3部作でアレック・ギネスが演じ、プリクエル3部作では自身が演じたジェダイマスター、オビ=ワン・ケノービをまた演じてみたいと明かしていた。「色々と噂はあるけど、また彼を演じれたら最高だよ。でも僕だけが知っていることなんてないよ。新作はクリスマスに見たけど、本当に素晴らしいと思ったね」
また、ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』の監督を務めたライアン・ジョンソンが現在の3部作とはまた別の新3部作のメガホンを取ることを明かし、それには『ゲーム・オブ・スローンズ』の製作を担当するD・B・ワイスとデイヴィッド・ベニオフも一枚かむ予定となっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.