くらし情報『ロバート・ダウニー・Jr主演『ドクター・ドリトル』の豪華声優陣が発表』

ロバート・ダウニー・Jr主演『ドクター・ドリトル』の豪華声優陣が発表

2018年3月29日 11:00
 

ロバート・ダウニー・Jr主演『ドクター・ドリトル』の豪華声優陣が発表

『ドクター・ドリトル』の豪華声優陣(c)Instagram

ロバート・ダウニー・Jrが『ドクター・ドリトル』のリブート作品の声優陣を明らかにした。『アイアンマン』でお馴染みのロバートは、ユニバーサル・ピクチャーズの『ザ・ヴォヤージュ・オブ・ドクター・ドリトル』で主演を務める予定だが、今回本人のインスタグラムから同作で動物に声を当てる声優陣が発表となった。。
豪華声優陣には、オウムのポリネシア役にエマ・トンプソン、キリンのベッツィー役にセレーナ・ゴメス、ダチョウのプリンプトン役にクメイル・ナンジアニ、トラのバリー役にレイフ・ファインズ、アヒルのダブダブ役にオクタヴィア・スペンサー、ゴリラのチーチー役にラミ・マレック、ネズミのフレミング役にクレイグ・ロビンソン、雌ライオンのレギーネ役にカルメン・イジョゴ、狐のチュチュ役にマリオン・コティヤール、ホッキョクグマのヨシ役にジョン・シナなどの名前が並んでいる。
また、フランシス・デ・ラ・トゥーアが動物は不明ながらギンコ・フー・ソアーズという名前のキャラクターに声を当てるようで、ロバートとはマーベル・シネマティック・ユニバースで共演しているトム・ホランドも犬のジップ役で出演予定だという。他にも、配役は未発表なものの、昨年12月には「ハリー・ポッター」シリーズでホラス・スラグホーンを演じたジム・ブロードベントや『ダンケルク』に出演した新人ハリー・コレットらの名前が発表されていた。
同作は、『トラフィック』でアカデミー賞脚色賞を受賞したスティーヴン・ギャガンがメガホンを取る予定で、脚本も担当するという。
ドリトル先生というキャラクターは、イギリス出身の作家ヒュー・ロフティングが第一次世界大戦従軍中に創作した児童文学に端を発していて、そのヴィクトリア朝時代を舞台に動物と会話する医師の冒険物語はシリーズとして1920年代に出版された。
また、映画化作品としては、1967年レックス・ハリソン主演のミュージカル『ドリトル先生不思議な旅』がアカデミー賞の歌曲賞と視聴効果賞を受賞、近年では、1998年にエディ・マーフィーが主演した『ドクター・ドリトル』と2001年公開の続編があり、世界中で4億7000万ドル(約490億円)の収益をあげていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.