くらし情報『スカーレット・ヨハンソン、第二次世界大戦の映画『ジョジョ・ラビット』に出演へ?』

スカーレット・ヨハンソン、第二次世界大戦の映画『ジョジョ・ラビット』に出演へ?

2018年4月4日 20:00
 

関連リンク

・海外でも人気のライトボックス!おしゃれなフォトジェニックアイテムの活用例まとめ☆
・松田翔太、祝福の声受けインスタ投稿 秋元梢と結婚
・松坂桃李、役所広司との共演に感激「何よりの宝です」

スカーレット・ヨハンソン

スカーレット・ヨハンソンが、第二次世界大戦を主題にした映画『ジョジョ・ラビット』に向けて出演交渉中のようだ。ヴァラエティ誌によると、スカーレットが打診されているのはナチス政権下にユダヤ人の少女を自宅に匿っている母親役で、彼女のドイツ人の息子がその秘密を見つけてしまうというストーリーだという。
現在『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティが脚本を執筆中で、ワイティティは監督そしてカーシュー・ニールやチェルシー・ウィンスタンリーと共に製作も担当する予定だ。
今春から製作が開始されるという同作について、今のところ詳細は不明だが、ワイティティは「マイティ・ソー 」シリーズ第3弾の成功を受けて、色々な映画の監督のオファーを受けたという。そして、現在は自身が監督した『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』のドラマ化のパイロット版を撮影中とのことだ。
一方、スカーレットにとっては出演が決定した場合、同作は今月27日に日本公開予定の『アヴェンジャーズ/インフィニティ・ウォー』のブラック・ウィドウ役に続く出演作品となる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.