くらし情報『タマラ・メロン、男女不平等な給料に不満』

タマラ・メロン、男女不平等な給料に不満

2018年4月12日 13:00
 

関連リンク

・麒麟川島が発見した斬新すぎる注意事項にツッコミ殺到
・大渕愛子弁護士が第3子妊娠 夫・金山一彦も喜び「ワクワク、ドキドキです」
・AKB48グループの動画配信サービスが早くも大反響「正直神」

タマラ・メロン

タマラ・メロン(50)はジミー・チュウで同僚の男性役員よりも低い給料を支払われていたようだ。ファッションデザイナーのメロンは1996年に自身が共同で創業したジミーチュウでチーフ・クリエイティブ・オフィサーを務めていたが、同社がラベルクスに買収された後の2011年に辞任していた。
男女の賃金差の観点から、メロンは同社の宣伝や取引先の確保などを担当していたにも関わらず、同じような役職の男性よりもいかに給料が少なかったか述べた。
メロンはザ・デイリー・テレグラフ紙に「重役室にいる男性の給料が私より断然多いことを知りました」と話した。
さらに、メロンは昨年のフォーブス誌で、「ジミーチュウに在籍している頃、会社を未公開株式投資会社に売却する交渉をしていました。その内のある交渉中に私の給料が男性よりも低いことを知ってしまいました」とコメントした。
メロンは当時声を挙げる自信がもっとあればよかったと振り返っており、同じような立場にいる女性たちに可能な限りビジネス講習を受け、仕事場での不平等に立ち向かう態勢を整えるよう勧めている。「できるだけ教育を受けることは女性にとってとても大切だと思います。何かしらのビジネス講習を受けていたら、あの時の私はもっと自信を持って対処できていたと思うの」「今も意見を述べるための作戦を練っているわ。私が声を上げれるような人物だとは思ってもみないわ。でも最近の#MeToo,や#TimesUpといった運動は、みんな意識が高まっていることを意味してるし、特に女性にとって自分たちのために声を上げることはとても重要だと思っているわ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.