くらし情報『ベル・パウリー、「フェミニストホラー」映画に出演』

2018年4月12日 17:00

ベル・パウリー、「フェミニストホラー」映画に出演

ベル・パウリー、「フェミニストホラー」映画に出演

ベル・バウリー

『ミニー・ゲッツの秘密』でヒロインを演じたベル・バウリー(26)の出演最新作『ワイルドリング』は本人曰くフェミニストホラー映画だという。同新作でベルが演じるのはある男に屋根裏部屋に閉じ込められている謎の女性アナで、アナがダディーと呼ばれるその男は彼女を、外の森に生息する子供を食べる怪物から守っているのだという。その後、地元の保安官によって自由の身となったアナは新しい人生を歩むことで、自分が誰で何者なのかを発見していく物語だそうだ。
同新作は最近アメリカを賑わしている高級映画館の1つ「アイピック」で試写会が開催され、それに参加したアナはニューヨーク・ポスト紙にこう語っている。「私ホラー映画大好きなの。でもこれはとてもフェミニスト的なものよ。今日の社会を理解する上で必要なものが盛り込まれている」
『ストレンジャーズ/戦慄の訪問者』のリブ・タイラーや『チャイルド・プレイ』のブラッド・ドゥーリフとホラー経験者も顔を揃えた同新作は超自然的な生物が登場し、ベルはいくつかのシーンで特殊メイクもしなくてはいけなかったようで、「毎日4時間、擬似のメイクアップ。自分の肌に細心の注意を払う必要があったの」と続けていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.