くらし情報『ランジェリーブランドのウルティモが破産』

ランジェリーブランドのウルティモが破産

2018年4月13日 13:00
 

ランジェリーブランドのウルティモが破産

ミッシェル・モーン

ランジェリーブランドのウルティモが破産宣告した。1996年に元モデルで実業家のミッシェル・モーンによって設立されたブランドが、売上不振で閉鎖となる。かつては潤沢な経営で一世を風靡した同ブランドだが、株式100%をスリランカのMASホールディングスに売却後2016年には180万ポンド(約2.7億円)から390万ポンド(約5.9億円)の損失を被っていた。
同ブランドの広報は「ここ数年のウルティモは非常に厳しい状況でした。市場での競争も激しさを増し、消費者もここ1年半に渡る先行き不透明のイギリス経済の余波で購入に渋りを見せています」と発表している。
同ブランドはミッシェルがグラスゴー出身ということもあり、スコットランドの街イースト・キルブライドをベースに世界中に展開していたが、今回の破産により11人の従業員が仕事を失うこととなる。
ミッシェルは胸元を強調し且つ着け心地のよいブラがないという不満から夫のマイケルと共に同ブランドを設立したが、2013年の離婚後は会社の経営から退いていた。2010年にはエリザベス女王より大英帝国勲章を授かり、2016年にはデビッド・キャメロンの仕事管理の責任者、そして保守党上院議員となるなど華々しいキャリアを飾っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.