くらし情報『ミランダ・ランバート、ACMカントリー音楽賞にて歴史的快挙』

2018年4月17日 11:00

ミランダ・ランバート、ACMカントリー音楽賞にて歴史的快挙

ミランダ・ランバート、ACMカントリー音楽賞にて歴史的快挙

ミランダ・ランバート

ミランダ・ランバートがアカデミー・カントリー・ミュージック・アワード(ACM)にて最多受賞者の偉業を成し遂げた。15日(日)、ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナにて開催された同式典で、ミランダは最優秀女性ボーカリスト賞、最優秀楽曲賞の2冠に輝き、同アワード始まって以来合計31冠を手にしたことになりACM最多受賞アーティストとなった。
受賞後のインタビューで、その快挙についてミランダは、「信じられない。本当に。どうもありがとう。カントリーミュージックを愛している。私の人生の全てだから。自分の全てを注いだし、みんながそれに余りあるぐらいサポートをしてくれた。これからもそれを当たり前のこととは思わずにやっていくわ。本当にありがとう。イエスを称えて」とコメントしている。
また、今回ミランダと同じく、クリス・ステイプルトンが最優秀男性ボーカリスト賞と『フロム・ア・ルーム:ヴォリューム1』で最優秀アルバム賞、ブラザーズ・オズボーンが最優秀ボーカル・デュオ賞と『イット・エイント・マイ・フォルト』で最優秀ビデオ賞でそれぞれ2冠を獲得している。その他にも新人女性、男性ボーカリスト及びボーカル・デュオには、ローレン・アライナ、ブレット・ヤング、ミッドランドらがそれぞれ受賞した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.