くらし情報『エイミー・シューマー、女子プロボクサーの伝記映画の出演交渉中』

2018年4月18日 19:00

エイミー・シューマー、女子プロボクサーの伝記映画の出演交渉中

エイミー・シューマー、女子プロボクサーの伝記映画の出演交渉中

エイミー・シューマー

エイミー・シューマー(36)が、女子ボクシングの元世界チャンピオンのクリスティ・マーチンの伝記映画に向けて出演交渉中のようだ。この新作『クリスティ・マーチン』は、『バレンタインデー』『ニューイヤーズ・イブ』やテレビドラマ『アーミー・ワイフ』などの脚本家キャサリン・ファゲイトにとって監督デビュー作品となる。
デッドラインによると、エイミーはクリスティ役での出演を打診されているようで、出演が決定すれば、コメディエンヌであり、現在『アイ・フィール・プリティ』で自分が世界一美しい信じている女性を演じているエイミーのキャリアの転換点になりそうだ。
1968年にウェストバージニア州で生まれ、ソルターズという旧姓だったクリスティだが、試合で活躍すると「炭鉱夫の娘」という別名で呼ばれるようになり、1989年にはプロボクサーに転身した。
トレーナーのジム・マーチンと結婚したが、初めて出会った際にはジムがボクシングをやめさせるためにクリスティのあばら骨を折っていたという。しかしそれに耐えながらもボクシングを続けたクリスティは、有名なプロモーターのドン・キングと契約した初の女性となり、ペイ・パー・ビューの試合に出場し、相手をノックアウトするなど、2003年までトップに君臨し続けた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.