くらし情報『ミシェル・ウィリアムズ、デンマーク映画のリメイク作品に出演へ』

2018年4月21日 18:00

ミシェル・ウィリアムズ、デンマーク映画のリメイク作品に出演へ

ミシェル・ウィリアムズ、デンマーク映画のリメイク作品に出演へ

ミシェル・ウィリアムズ

ミシェル・ウィリアムズが、2006年公開のデンマーク映画『アフター・ウェディング』のリメイク版に出演するようだ。最近は『グレイテスト・ショーマン』でも記憶に新しいミシェルは、マッツ・ミケルセン主演の前作のリブート作でジュリアン・ムーアと共演することになる。
関係者がヴァラエティ誌に語ったところによると、前作でマッツが演じたインドの孤児院のオーナー役をミシェルが演じるようだ。物語は、財政的な苦境に立たされたオーナーが、ジュリアン演じる裕福なアメリカのビジネスパーソンから莫大な寄付の申し出を受け、契約締結のためにニューヨークまで旅をするが、戻ってきたことで忘れようとしていた自身の過去に直面することになるという。
今年度のベルリン国際映画祭で、同リメイク版の詳細が明らかになっていたが、撮影は来月から始まる予定だ。
また、ミシェルは2017年の『ゲティ家の身代金』のアビゲイル・ハリス役でゴールデン・グローブ賞主演女優賞にノミネートされたが、惜しくも『スリー・ビルボード』のフランシス・マクドーマンドの受賞となっていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.