くらし情報『シャーリーズ・セロン、役作りでの体重増加の困難を明かす』

2018年4月23日 08:00

シャーリーズ・セロン、役作りでの体重増加の困難を明かす

シャーリーズ・セロン、役作りでの体重増加の困難を明かす

シャーリーズ・セロン

シャーリーズ・セロン(42)が間もなく海外で公開となる新作『タリー』に向けた役作りでの増量における困難を明かした。同新作ドラマでマーロ役を演じるにあたり、4か月間で50ポンド(約23キロ)近く体重を増やしたシャーリーズだが、そのことでうつ病状態に陥ってしまったという。
「この映画のために50ポンドくらい増やしたの。この女性がどんな気持ちだったか実感したかったし、この女性にできるだけ近づいてその考えを理解する私なりの方法だったんだと思う」「でもそのことでうつ病になってしまったことには驚かされたわ」「人生で初めてすごい量の加工食品を食べたり、砂糖たっぷりの飲み物を大量に飲んでたの。この映画の撮影時は、あまり近寄りたくないタイプの人間だったと思うわ」と『エンターテイメント・トゥナイト』にシャーリーズは語る。
実生活でも2児の母であるシャーリーズは、体重を増やし始めた当初、好きなものを何でも食べることを楽しんでいたものの、すぐにそれが仕事と化してしまったそうだ。「最初の3週間は楽しいものよ。だってお菓子屋さんの子供みたいな気分だもの。インアンドアウトバーガーで2杯もシェイクを飲むような朝食を取ったり、楽しいものだわ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.