くらし情報『ポーラ・パットン、元夫ロビン・シックのゴーストライターをしていた!』

2018年4月24日 17:00

ポーラ・パットン、元夫ロビン・シックのゴーストライターをしていた!

ポーラ・パットン、元夫ロビン・シックのゴーストライターをしていた!

ポーラ・パットン

ポーラ・パットン(42)が元夫ロビン・シックに偽名で曲提供をしていたことを明らかにした。『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』などで知られる女優のポーラだが、アーティストである元夫ロビンの『マジック』『ドリームワールド』『ゲット・イン・マイ・ウェイ』『ダイアモンズ』にマックス・ハディントンの名で参加していたという。
ニューヨークのラジオ局ホット97に出演した際、ポーラは「私たちは若いころから一緒にやっていたの。私は15歳のころからロビンと付き合っていたから。一緒にたくさん曲を作ったりもしたわ。アルバムでの私の名前はマックス・ハディントン。私は『マックス・ハディントンって言えば一緒にやってる新しいライターみたいじゃない。だから彼女と曲作りしているなんて思われないわよ』って言ったの」と説明した。
そんなロビンとは離婚後、8歳の息子ジュリアン君のために調和と平穏を見出したそうで、現在はジュリアン君がロビンと恋人エイプリル・ラブ・ギアリーの娘ミアちゃんという妹ができたことを喜んでいると明かしている。「お兄ちゃんになったことがすごく嬉しいみたい。すごくいいことよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.