くらし情報『シャナイア・トゥエイン、幼少期の性虐待の経験を告白』

2018年4月25日 12:00

シャナイア・トゥエイン、幼少期の性虐待の経験を告白

しかし、当時シャナイアは家族を壊してしまうという心配から、その虐待を話すことはできなかったようで、「幼少時代の自分に本当に同情するわ。子供を支援する機関に行って助けを求めたりなんかもできたのに、私は『チルドレンズエイドに私が行ったら、家族はばらばらになってしまう』なんて考えてた。それは耐えられなかったから、よかれ悪しかれ私たちは一緒に暮らしていたの」と続けた。
そして、実の父親については知らないシャナイアは、当時ジェリーと母シャロンが何度も暴力を含めた喧嘩をしていてどちらかが死ぬのではという恐怖に怯えてもいたという。
「私は(義理の)父親が母親を殺すんじゃないかって思ってた。お互い殺し合うんじゃないかって。母親もかなり暴力的だったからね」「夜ベッドに入ると、『寝ちゃダメ。ダメよ彼らが眠るまでは』って言い聞かせてね。家族全員の寝息を確認するまで起きていなきゃって」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.