くらし情報『ワインスタイン・カンパニー、メリル・ストリープとジェニファー・ローレンスに1000万円以上の負債』

2018年4月27日 12:00

ワインスタイン・カンパニー、メリル・ストリープとジェニファー・ローレンスに1000万円以上の負債

ワインスタイン・カンパニー、メリル・ストリープとジェニファー・ローレンスに1000万円以上の負債

メリル・ストリープ

メリル・ストリープジェニファー・ローレンスに対して、ワインスタイン・カンパニーはそれぞれ10万ドル(約1080万円)以上の未払い金があるようだ。セクハラ問題渦中の映画界の大御所ハーヴェイ・ワインスタインとその弟ボブが設立した同製作会社は、先月破産法の適用を申請しており、裁判所文書には債権者への負債額が明記されていた。
ザ・ブラストが入手した書類によると、未払い金はメリルが14万2965ドル(約1500万円)で、ジェニファーが10万623ドル(約1000万円)とされている。
集団訴訟の中でワインスタインによって保身のために名前を挙げられていた2人の他にも、ジョン・レジェンド、ジュリアン・ムーアピアース・ブロスナン、ジェリー・サインフェルド、マイケル・ベイピーター・ジャクソンスティーヴン・キング、バラク・オバマ元大統領の娘マリアなどが債権者に名を連ねている。
同社が抱える負債額は、5億ドル(約540億円)から10億ドル(約1080億円)にのぼると推定されており、フロリダ州の弁護士事務所への1700万ドル(約18億3600万円)、中国の製作会社への1400万ドル(約15億1000万円)、ニューヨークのマーケティング会社への1300万ドル(約14億円)などが含まれているという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.