くらし情報『ルピタ・ニョンゴ、『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版に出演か』

2018年5月2日 16:00

ルピタ・ニョンゴ、『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版に出演か

ルピタ・ニョンゴ、『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版に出演か

ルピタ・ニョンゴ

ルピタ・ニョンゴが、ジョン・ウー監督による1989年の香港映画『狼 男たちの挽歌・最終章』リメイク版の出演に向けて交渉中のようだ。オリジナル版では、チョウ・ユンファが殺し屋を演じていたが、再びメガホンを取る予定のウーは女性を主人公にした作品にしたいという。
『ブラックパンサー』も記憶に新しいルピタがその出演に向け交渉中で、ユニバーサル・ピクチャーズは早急な製作に向けて動いているところだとデッドラインは報じている。
オリジナル版は、誤って歌手の目を見えなくしてしまい絶望した殺し屋が、ボスを裏切り、その歌手を助けるための費用を稼ごうと最後の殺しの仕事を引き受けるという物語だ。
前作はバレエのようなスタイリッシュなスタントを用いたクラシック映画と支持されており、ウーはリメイク版でもそれを再現しようとしているようだ。
リメイク版の脚本はエラン・クリーヴィーが執筆しており、ブライアン・ヘルゲランド、マーク・ゴードン、ローリー・ティルキンがプロデューサーを務める。また、ティルキンはマット・ジャクソン、リュック・エチエンヌ、テレンス・チャンらと共にエグゼクティブプロデュースも手掛ける予定だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.