くらし情報『ラース・フォン・トリアー監督の新作プレミアにて退場者続出』

ラース・フォン・トリアー監督の新作プレミアにて退場者続出

2018年5月17日 19:00
 

ラース・フォン・トリアー監督の新作プレミアにて退場者続出

ラース・フォン・トリアー

カンヌ国際映画祭にて14日(月)夜、ラース・フォン・トリアー監督の新作『ザ・ハウス・ザット・ジャック・ビルト』のプレミア上映会が開かれ、100人以上の観客が退場する事態となった。トリアー監督は、7年前に同映画祭の記者会見にてアドルフ・ヒトラーを擁護する発言から出禁が言い渡され、それがようやく解除されての参加だったが、今度は作品を通して観客にショックを与えることとなった。
ヴァラエティ誌のラミン・セトゥーデ記者によると、「マット・ディロンがライフルを2人の小さな子供に向け、その頭を吹き飛ばす」シーンの後に退場騒動が起きた他、劇中でディロン演じる登場人物が、「男は常に冤罪の犠牲者だ」とスピーチをしていたという。
一方で、上映終了後は半分が空席の中、6分間のスタンディングオベーションが巻き起こっていたとハリウッド・レポーターは報じている。
そんな常に作品内外問わず騒動を起こすトリアー監督だが、2011年に『メランコリア』を発表した際の同映画祭の会見にて、自身のドイツ人としてのルーツやナチスの美学への関心について尋ねられ、「長い間、自分がユダヤ人だと思っていたし、とても幸せだった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.