くらし情報『ライアン・レイノルズとマイケル・ベイ、ネットフリックスの超大作でタッグ』

2018年5月24日 19:00

ライアン・レイノルズとマイケル・ベイ、ネットフリックスの超大作でタッグ

ライアン・レイノルズとマイケル・ベイ、ネットフリックスの超大作でタッグ

ライアン・レイノルズ

ライアン・レイノルズとマイケル・ベイが、ネットフリックス史上最大となる映画でコンビを組むようだ。ライアンはベイと協力して、2019年に同サービスで配信開始予定のスカイダンス・プロダクションズの『シックス・アンダーグラウンド』の製作に取り組むという。
デッドラインによると、同作はネットフリックス史上最大となる1億5000万ドル(約162億円)もの予算が組まれており、今夏に製作開始予定となっており、来月1日に日本公開予定のライアン主演作『デッドプール2』も手掛けたポール・ワーニックとレット・リースの脚本で進められているところのようだ。
その『デッドプール2』は現在世界中で大ヒットを飛ばしており、公開初週の週末で3億100万ドル(約335億円)もの興行収入を記録している。
ヴァラエティ誌によると、全米で1億2500万ドル(約140億円)もの興行収入を記録した他、まだ中国での公開が不明なものの、アメリカ以外で1億7600万ドル(約196億円)も収益を上げているそうだ。 『デッドプール2』は、FOXインターナショナルにとって歴代最高となる海外での興行収入というばかりでなく、1億6000万ドル(約178億円)『LOGAN/ローガン』の記録を抑え、R指定作品史上最高となる世界での初週末興収を記録した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.