くらし情報『ジェイソン・モモア、『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板』

2018年6月2日 11:00

ジェイソン・モモア、『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板

ジェイソン・モモア、『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板

ジェイソン・モモア

ジェイソン・モモアが、コリン・ハーディ監督による『クロウ/飛翔伝説』リメイク版を降板した。DCコミックのアクアマン役でお馴染みのジェイソンは、1994年にアレックス・プロヤスがメガホンを取った同作のリメイク版で次々と俳優が降板を決める中、自分も同じ道を選んだことについてファンに謝罪した。
製作自体が危うくなるこの作品についてジェイソンはインスタグラムで、「この夢のような役を演じるのを8年間も待ったんだ。コリン・ハーディやソニーピクチャーズのことは大好きだけど、残念ながらまた8年も待つ必要がありそうなんだ。俺のチームじゃないんだけど、降板するよ」「(原作者の)ジェームズ・オバーにはすまないのだけど、降板するに至ったことを許して欲しい。この映画は自由の身になる必要があるんだ。ファンにもすまない。この映画に相応しく、必要な愛がなければ俺は出演できない。その時が来たら俺も準備ができてる。大好きだよ、コリン。アロハ」と綴った。
ジェームズ・オバーが1989年に出版したグラフィックノベルが原作のリメイク版は、2017年11月に撮影が開始され、ソニーは2019年10月11日に公開すると発表していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.