くらし情報『ブレイク・シェルトン、CMTミュージック・アワードでビデオ・オブ・ザ・イヤー受賞』

2018年6月8日 14:00

ブレイク・シェルトン、CMTミュージック・アワードでビデオ・オブ・ザ・イヤー受賞

ブレイク・シェルトン、CMTミュージック・アワードでビデオ・オブ・ザ・イヤー受賞

ブレイク・シェルトン

ブレイク・シェルトンが6日(水)に行われたCMTミュージック・アワードでビデオ・オブ・ザ・イヤーを受賞した。ナッシュビルにあるブリヂストン・アリーナで開催された式典にて、ブレイクはトーマス・レットら強豪ライバルを押さえて、ヒット曲『アイル・ネーム・ザ・ドッグス』で最高賞にあたる同賞と最優秀男性ビデオ・オブ・ザ・イヤーに輝いた。
ファン投票によって決定される同アワードの受賞スピーチでブレイクは「この業界で始めて18年が経つよ。アルバムを作って、幸いにもみんなに認めてもらえ、カントリー音楽のラジオ局で流してもらって、CMTのテレビでビデオを放送してもらってる」「信じられないような道のりだったけど、今晩この場に新しい世代のみんなといられることは良い気分だ」と語った。
一方で同賞常連のキャリー・アンダーウッドは、リュダクリスがフィーチャリングされた『ザ・チャンピオン』で最優秀女性ビデオ・オブ・ザ・イヤーに選ばれた。当日『クライ・プリティ』をステージで披露したキャリーは、同アワードでこれまで計18回受賞という式典史上最高記録を打ち出している。
そんな中、司会を務めたリトル・ビッグ・タウンは『ホエン・サムワン・ストップス・ラビング・ユー』で最優秀グループ・ビデオ・オブ・ザ・イヤーに輝いたほか、ヒット曲『サマー・フィーバー』のパフォーマンスも行った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.