くらし情報『J・J・エイブラムス、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスのロマンスを映画化へ』

2018年6月9日 16:00

J・J・エイブラムス、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスのロマンスを映画化へ

J・J・エイブラムス、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスのロマンスを映画化へ

タブ・ハンター

J・J・エイブラムスが、タブ・ハンターとアンソニー・パーキンスの同性愛を題材にした映画を製作するようだ。エイブラムスは「スター・トレック」シリーズでタッグを組んだザカリー・クイントと共に、ハリウッド黄金時代を代表する人気俳優であった2人のロマンスを描いた『タブ・アンド・トニー』に取り組むという。
同作は、タブの自伝『タブ・ハンター・コンフィデンシャル:ザ・メイキング・オブ・ア・ムービー・スター』を原作に、同性愛のカミングアウトがタブーとされていた1950年代に、自身の性に悩む姿を描く。
エイブラムスのバッド・ロボット・プロダクションズとザカリーの他、ニール・コーニグスバーグ、タブの長年のパートナーで2015年に同著書を基にドキュメンタリーを製作したことがあるアラン・グレイサーなどが製作を担当する。
またダグ・ライトが脚本を執筆する予定の一方で、監督や出演者については現在検討中のようだ。
アンソニーが1992年にエイズによる肺炎で亡くなっている一方で、タグは来月87歳を迎える。
タブとアンソニーは初めてホテルのプールで会って以来、約3年もの間交際していたが、疑われるのを避けるために、デビー・レイノルズのような有名女優とよく出かけたり、誰かと一緒に自宅を訪れていたことをタブは以前回想していた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.