くらし情報『『HOMELAND/ホームランド』のデヴィッド・ヘアウッド、80年代に精神病院入りしていた』

2018年6月14日 19:00

『HOMELAND/ホームランド』のデヴィッド・ヘアウッド、80年代に精神病院入りしていた

『HOMELAND/ホームランド』のデヴィッド・ヘアウッド、80年代に精神病院入りしていた

デヴィッド・ヘアウッド

『HOMELAND/ホームランド』などで知られるデヴィッド・ヘアウッド(52)が1988年に精神科病院に強制入院されていたことを明らかにした。30年前に心の病を患っていたデヴィッドは、行動が常軌を逸してきた際に、自らの身の安全のためにロンドン北部にあるウィッティントン病院へと入院させられたという。
デイリー・ミラー紙にデヴィッドはこう話す。「僕の態度が、危険とまでは言わないけど、何も気にしないような状態になってたんだ」「友達がお見舞いに来てくれて、たまに頭がさえている時もあるけど、かなり薬で鎮静状態にあったことを覚えてる。正直言って、ほとんどは眠っていたんだ」「自分がどこにいるかも、どれだけあそこにいたのかも全く分からなかった。ある時点で『なんでこのドアから出ちゃいけないんだ?』って思ったのを覚えるな」「部屋から出ようとして『なんでこのドアには鍵が閉まってるんだ?』って思ってると、人がやってきて、ベッドに戻されるんだ。それで僕は『なんで家に帰れないんだろう』って思ってて、とにかく困惑してたね」「当時も分からなかったけど、30年経った今でも、誰もちゃんと説明してくれてないんだ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.