くらし情報『ケシャ、ドクター・ルークによるケイティ・ペリーへの性的暴行を主張』

2018年6月15日 15:00

ケシャ、ドクター・ルークによるケイティ・ペリーへの性的暴行を主張

ケシャ、ドクター・ルークによるケイティ・ペリーへの性的暴行を主張

ケシャ

ケシャが、ドクター・ルークのケイティ・ペリーに対する性的暴行を主張していたようだ。ケシャが性的暴行やドラッグ強要で訴えていたルークが名誉棄損で反訴している裁判の中で、ケシャレディー・ガガに送ったとされる携帯メールでケイティ・ペリーを被害者として挙げていることに現在焦点が当てられている。
ザ・ブラストが入手した裁判所記録には次のような記述がある。「2016年2月26日、(ケシャは)ステファニー・ジャーマノッタ、通称レディー・ガガへ携帯でメッセージを送信し、(ルークが)自分をレイプしたと誤った主張を繰り返した」「ケシャはさらに、ルークがキャサリン・ハドソン、通称ケイティ・ペリーもレイプしたという誤った主張を続けた」「(ガガは)携帯メッセージでのこの一連のやり取りを受け、(ケシャからの)助長もあり、報道機関やSNSでルークについて否定的な発言を繰り返した」
ルークはこれらの訴えを否定しており、ガガがケシャの手を借りてSNSに投稿するための「生々しい描写」をでっち上げたうえで、ケシャがレイプを受けた事にしていると反論した。
この携帯メッセージについては今回の訴訟に関わる弁護団が検証済みだが、その内容は記録作成前に編集されており、部外者にはその内容が明かされていない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.