くらし情報『ソフィア・ブッシュ、撮影現場でのセクハラに拳で応酬』

2018年6月16日 13:00

ソフィア・ブッシュ、撮影現場でのセクハラに拳で応酬

ソフィア・ブッシュ、撮影現場でのセクハラに拳で応酬

ソフィア・ブッシュ

ソフィア・ブッシュが、『One Tree Hill/ ワン・トゥリー・ヒル』の現場でショーランナーのマーク・シュワンにセクハラされて殴り返したそうだ。2003年から2012年まで放送された同ドラマにブルック・デーヴィス役で出演していたソフィアは、シュワンに不適切にお尻を掴まれて反撃しなくてはならないかったことを明かした。
ソフィアはシリウスXMラジオの番組でアンディ・コーエンに、「最初にマーク・シュワンが私のお尻を掴んだ時、他の6人のプロデューサーの目の前で彼を殴ったわ。思いっきりね」と事件を回想した。
さらに、ソフィアはシュワンが共演者のヒラリー・バートンに執着するようになったとして、その行動についても明かしている。「彼は真夜中に、彼女のホテルの部屋のドアを叩くようになっていたわ。彼女は移動せざるをえなかったの。その後は恋人が来て、そこから1か月間彼女と一緒に滞在していたわ。2人の間で、ほとんど殴り合いになりかけていたわね」
これ以外にもソフィアはシュワンの振舞いについて、共演した女優たちと連名で声明を昨年発表していた。
「『ワン・トゥリー・ヒル』の女性出演陣はオードリー・ウォチョップらを支持することで今回一致しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.